シンセティック・ストーンの存在

本来、所謂シンセティック・ストーンと本物の天然石は、見た目は殆ど同じで、同じように店で売られていますが、本来は全く別物であって、全く別の次元で語られるべきなのです。ですが現在の宝石、ジュエリーの世界では、この両者が区別されていないようにも思えます。
こうした一見当たり前におもえることが当たり前のように通じていないのは、一部の合成石、シンセティック・ストーンの製造者が、合成石の痕跡を消し、内部特徴まで天然石に似せようという方向で苦心してきた結果だと言えます。その苦心、努力は認めなければならないのですが、その結果天然石と合成石、シンセティック・ストーンとの境界がなくなりつつあります。シンセティック・ストーン、合成石の製造技術が発達、向上した結果、現在、合成石、シンセティック・ストーンと天然石との区別はますます困難になっています。勿論宝石、ジュエリーの鑑別機関、専門家は科学的方法を駆使して、これを見破ろうとしています。しかしそれが見破られれば、人工石、シンセティック・ストーンの製造者はより高度な技術を開発して、その先を行こうとします。よくスポーツの世界でドーピングを摘発する側と、その網に引っかからない新たなドーピング方法を模索する側とでいたちごっこが行なわれていることが知られていますが、その古典的ないたちごっこと同じ構造が、宝石、ジュエリーの世界でも行なわれています。そしてそれはますますエスカレートしているのです。
シンセティック・ストーン、合成石の業者が一生懸命その技術を高めてきたことは理解してやらなければならない面もありますが、ですがそんな合成石、シンセティック・ストーンの製造者は、寧ろその石が合成石、シンセティック・ストーンであると簡単に分かる証拠を、意識的に内部に残すべきではないでしょうか。一見外から見ただけでは分からないけれども、拡大検査をすれば容易に区別できるようなシンセティック・ストーン、合成石の特徴ある痕跡を、その内部に残すべきではないかと思います。あくまで天然石は天然石であり、合成石、シンセティック・ストーンも合成石、シンセティック・ストーンなのです。先にも書いたようにどちらが本物、或いは偽物というのではなく、双方にはそれぞれその特徴、そして魅力があるのです。本来両者はきちんと棲み分けがなされるべきものだと思います。そうしたフェアな立場に立って、シンセティック・ストーン、合成石はその魅力を積極的に語っていくべきだと思うのですが、皆さんは如何でしょうか。
そうした棲み分けをはっきりさせたほうが、天然石にとってのみならず、人工石、シンセティック・ストーンにとってもそれが自身の為になるのではないか、と思われます。そのような棲み分けを行わない限り、合成石は、天然宝石に対する、いかがわしい偽物であるとの不名誉な評価、烙印を押され続けたままでいることになるでしょう。このことは天然石、そしてシンセティック・ストーン、人工石の双方にとって不幸なことであることは言うまでもありません。

『天然石』 最新ツイート

@noir_parfum

今日は風が強いですね( ´△`) お出掛けのみなさんお気を付けて! JR大牟田駅前 天然石、ハンドメイド雑貨、喫茶&占いの店 NoirParfumは19時まで営業です https://t.co/rLIFIUvnav

50秒前 - 2018年05月21日


@styleonstage925

こんな経験ありませんか?『天然石ブレスのゴムの結び目が出てきてかっこ悪い!』GETするなら長い間ご愛用いただけるワンランク上の天然石ブレスがオススメ♪https://t.co/6CHCMkiEjb

3分前 - 2018年05月21日


@asiagadaisuki

#スモーキークォーツ 身体と #大地との #エネルギー を繋げる力に適した石 #アジアンストリート #エスニック #アジアン #吉祥寺パルコ #吉パル #パワーストーン #天然石 https://t.co/INowjk8lv7

3分前 - 2018年05月21日


おすすめWEBサイト 5選

日本橋 風俗
http://www.g-kiss.net/

Last update:2017/1/5