宝石の加工方法

ところで現在これをご覧の皆さんは、宝石店等で売られている宝石がお好きでしょうか。勿論これをご覧の中で、宝石が好きではない、と言う人は殆どいないことでしょう。実際には既に数々の宝石を持っていて、常日頃それらを身につけて楽しんでいる、と言う人も少なくないかと思います。
ところで皆さんは宝石の加工ということご存知でしょうか。ここでは宝石には加工と言う工程が欠かせません。ここではそんな宝石の加工について紹介していくことにします。
皆さんももしかするとご存知かと思いますが、宝石は掘り出された原石がそのままの形で宝石店、或いはジュエリーショップ等で売られているわけでは有りません。私達がそうした店で購入するのは、宝石の原石、ありのままの宝石では決して有りません。宝石店やジュエリーショップで並べられているものは、掘り出された当時そのままの宝石では有りません。これらの宝石、ジュエリーは皆多かれ少なかれ、専門家による加工が施されているのです。それでは私達が購入する宝石、ジュエリーはどのように加工されているのでしょうか。
ここでは宝石の加工方法について紹介しています。加工方法には大きく二種類あって、その一つがいわばオーダーメードの加工です。
一方、既製のキャスト枠を使っての加工は、鋳造法で作られています。その方法だと同じものを大量に生産することが可能です。従ってその製作には低いコストで済みます。また時間も大きく節約されます。それに技術大国日本に相応しく、現在の日本の鋳造技術は世界でもトップクラスだと言われています。それに既製のキャスト枠を使うといっても、そのデザインや大きさの種類も実に豊富ですし、現在はやはりこの既製のキャスト枠に組み込むやり方のほうが主流となっています。実際自分だけのオリジナルのアクセサリーが欲しいと思っても、もしもある程度の加工でしたら、このキャスト枠でもかなり対応できるのではないでしょうか。
ところで実際にアクセサリー加工を行なうとして、そのキャスト枠選びについて考えてみましょう。実際のキャスト選びでは、石の大きさに合ったキャスト枠を選ぶことが大事です。またキャスト枠選びも決して簡単ではありません。キャスト枠選びも加工、アクセサリー製作に大きく関わってきます。素材である宝石とそれを支えるキャストとのバランスも大切になってきます。例えば宝石、ジュエリーがいい素材であっても、加工に使うキャストが粗雑ならば、その結果加工も台無しになってしまいかねません。それから良い品質の宝石を使う場合は、宝石そのものに見る者の注意が集中し、同時に飽きがこないような、シンプルなキャストを用いたほうが望ましいでしょう。逆に、宝石の石としての素材よりも、寧ろアクセサリーとして楽しんだほうかいいと思えるようなものは、キャストのデザイン性がポイントになるでしょう。その場合はもっと凝ったキャストを使ってみても面白いかもしれません。
またメインの石の脇に小粒のダイヤモンドをあしらうようにデザインされているキャスト枠もあります。そういったキャスト用いる場合には、そのダイヤモンドの大きさだけでなく、品質もある程度均一に揃える必要があります。それが出来上がった後のアクセサリー全体のバランスに作用するからです。

Favorite

Last update:2017/3/3

『宝石 加工方法』 最新ツイート

@ataraxiastone

【シーブルーカルセドニー】 シーブルーという名の通り美しい白い浜辺と青い海をイメージさせるとても綺麗な石です。 実はこのシーブルーの色はドイツの宝石加工技術者よって 考え出された特殊な方法で染色されたものです。https://t.co/mEyN9zRLnt

19時間前 - 2018年05月20日


@gemraffine

宝石の加工方法の一つ、ファセットカット。石の表面に角度の違うたくさんの切子面(ファセット)を持たせますのよ。こうすると光が屈折して、石の内部から輝いているように見えますの。ダイヤモンドのブリリアントカットも、ファセットカットの一種ね。

19時間前 - 2018年05月20日


@gemraffine

カボションカットもまた、宝石の加工方法の一種ね。石の表面を磨いて、丸く整えるんですのよ。こうすることで石本来の光沢や模様を生かすことができますの。オパールやトルコ石などはカボションカットにされることが多いわね。

6日前 - 2018年05月14日