シンセティック・ストーンとは一体何でしょうか

皆さんはシンセティック・ストーンという言葉を聞いたことがありますか。或いはこのシンセティック・ストーンを宝石店、貴金属店、ジュエリーショップ等で見かけたり、はたまたそれらを実際に購入したことがありますか。シンセティック・ストーンという名前が付いているくらいですから、それが石であることは皆さんにもお分かりだと思います。それではシンセティック・ストーンとは、一体どんな石なのでしょうか。ジュエリーや宝石の類について詳しくない人、或いは素人ならばあまりそれに詳しくないかと思いますので、ここではこのシンセティック・ストーンと呼ばれる石について紹介します。皆さんがこれをご覧になってシンセティック・ストーン、及び宝石やジュエリーの織り成す世界に興味を持っていただければ、と思います。
シンセティック・ストーンとは長くて難しい名前がついています。一見シンセティック・ストーンという非常に分かりにくい名前がついていますが、結局のところシンセティック・ストーンとは合成石のことを指します。ところで石には本当に合成石なるものがあるのでしょうか。そしてシンセティック・ストーン、即ち石は人の手で作ることが可能なのでしょうか。シンセティック・ストーン、つまり合成石とは結局のところこういうことなのです。ここで少しこのシンセティック・ストーンについて説明します。
合成石と言っても天然石と同じ化学組成、及び結晶構造を持っています。従って見た目や構造等は、天然石となんら変わりません。ただ人工石、つまりシンセティック・ストーンは人工的に作られた石だということだけが、天然石と異なっています。言い換えれば、人工的に作られるということは、人工石は大量生産が可能だということです。
ここで紹介したように所謂天然石と違って合成石、シンセティック・ストーンの場合、人の手で作ることができます。そしてまた言い換えれば、合成石は人の手で同じような物が大量生産できるのです。ということは宝石が宝石たる要因として重要な稀少性という点で、合成石・シンセティック・ストーンは天然石と比べて大きく劣っています。天然石の場合全く同じ色、同じ形のものが二つとして存在しません。また美しさの稀少性についても同様のことが言えます。自然の成長過程で作られる天然石は、その美しさの一つ一つが全て違っています。同じ美しさのものは存在しません。それもそのはずで、天然石は何億年もの長きにわたる地球の営み、地球の歴史の中で出来上がった石です。そこには私達人類が到底想像もできないような、途方もなく長い時間をかけて作られているのです。このような天然石に対して、合成石・シンセティック・ストーンの場合は合成成分を計算して、人工的に作られています。従ってそれが出来上がったときの仕上がりは、色も美しさも均一なものになるというわけです。こうしてみると合成石・シンセティック・ストーンは、結局のところ天然石に及ばないような気もします。勿論この両者は、外見に関してはそれほど違いは無いでしょう。宝石、ジュエリーの専門家が鑑別すれば、その両者の違いはすぐにわかるのでしょうが、私達のような素人がその両者を見分けるのは非常に困難でしょう。ですが特に価格に関して言えば、この両者の違いは明らかだと思います。何と言っても天然で作られ、そして希少性に優れた天然石のほうが、シンセティック・ストーン、人工石よりも高い値段が付くことは言うまでも有りません。

『シンセティック ストーン』 最新ツイート

Favorite

飛田新地 求人

デリヘル 大阪

最終更新日:2017/1/5